胃腸薬によって守られている胃

元々胃腸が弱かったりだんだん年齢を重ねてくると、胃腸の調子が悪くなってくることがあります。胃腸薬は様々な種類がありますが、こちらではどれがどんな効果?どれを使えばいいの?などの胃腸薬への疑問を解決していきます。

胃腸薬にはどんな種類がある?

胃腸薬と一口に言っても、いろいろな種類があります。
ですから、市販の胃腸薬を購入する場合には、どんな種類があるのかを知っておくことがとても大切です。

まず、総合胃腸薬というのはいろいろな成分が入っていて、主成分の配合やその作用によって選ぶ必要があります。
飲みすぎ、胸焼け、胃もたれ、二日酔いによるむかつき、胃痛など様々な症状に対して総合的に効果があげられるというのが特徴です。

次に、胃の運動機能を改善する胃腸薬がありますが、これは整胃剤と呼ばれます。
胃粘液の分泌を高める目的で用いるものです。

そして、粘膜修復を目的としているのが、制酸剤です。
胃酸を抑えて荒れた粘膜を修復します、
胃酸を中和することで、症状を緩和したり改善します。

それから、健胃剤と呼ばれるものがありますが、こちらは胃の働きを高めるために使われるものです。
胃弱でもたれやすい方などに適しています。

さらに、消化剤と呼ばれるものがありますが、こちらは消化を助けるために用いられます。
消化が遅くなるのは、加齢によってもおこりますし、疾患があることでもあります。

その他、鎮痛鎮痙剤と呼ばれるものは、 胃痛を抑えるために使われます。
差し込むような痛みがある胃痛の時に、服用することで痛みを緩和したり改善したりすることができる薬です。

酸分泌抑制剤と呼ばれる胃腸薬は、現在ではH2ブロッカーという名前で広く知れ渡っています。
こちらは、胃酸の分泌を抑えるために使われるものです。

このように、胃腸薬にはさまざまな種類があります。
適切なものを選ぶためにも、症状やその頻度などを正しく把握しておくことが大切です。
胃腸薬と言っても、その作用は全く違うものもあるので、自己判断せずに市販品を購入する場合には、薬剤師に相談することがとても重要です。

上へ戻る