胃腸薬によって守られている胃

元々胃腸が弱かったりだんだん年齢を重ねてくると、胃腸の調子が悪くなってくることがあります。胃腸薬は様々な種類がありますが、こちらではどれがどんな効果?どれを使えばいいの?などの胃腸薬への疑問を解決していきます。

症状に合わせて胃腸薬を選ぶ

一言で胃腸薬といっても漢方薬であったり錠剤のもの、粉薬、そしてドリンクタイプなどいろいろな種類があります。それだけでなく胃腸薬には胃酸を抑えてくれるものや胃壁を保護してくれるもの、逆に消化をよくしてくれる働きがあるものなど効果もかわってきますので、症状に合わせて選ぶ必要があるのです。
胃のトラブルにも、例えば胃もたれや食欲不振、胃痛や消化不良などいろいろなケースが考えられます。
ただ単に胃腸薬だからと服用しても自分の症状にあっていなければ効果があまり出ない可能性もありますので、胃腸薬を選ぶ時にはまず自分の症状がどういったもので、どういった効果のあるものがいいのか考えてから購入しましょう。
自分で判断ができない時には、総合胃腸薬を選ぶという選択もありますが、薬剤師などの専門家に相談するのも一つの方法です。
また胃腸薬を飲んでも症状が治まらない場合や長期間続くような時には市販薬に頼るのではなく、早めに病院に行ってみてもらうようにしましょう。
胃腸薬を選ぶ時の症状の特徴ですが、空腹時に痛みや吐き気がある場合は胃酸が出過ぎていることが考えられます。こういった時には胃酸を抑えてくれたり胃壁を保護してくれる効果があるものが向いています。
食後に吐き気があったり胸やけ、胃もたれなどの症状が出る時には、食べ過ぎや飲み過ぎによって消化不良を起こしている可能性が考えられるので消化薬や健胃効果のあるものや総合胃腸薬を飲むと効果が期待できます。
ただし食中毒やウィルス性の胃腸炎、つわりなどでは市販薬を服用してはいけない場合があるので、安易に自己判断をしないで薬剤師などの専門家に相談したり医師に薬を処方してもらった方が安全です。

上へ戻る